バッグ・小物担当

大西 優
2015年入社

バッグ・小物担当

大西 優
2015年入社

若手にも積極的に仕事を任せる社風

社員インタビュー

就職活動では、BtoBの商売に携わりたかったこと、また若いうちから大きな仕事を任されたいと思っていたことから、“商社”という括りでさまざまな業界の企業を受けていました。
八木兵への入社の決め手は、若手にも積極的に仕事を任せるという社風です。また説明会や選考で社員の方が気さくに話しかけてくれたり、丁寧に接してくれたことも魅力でした。
入社後は、1年目から仕入も販売も任せてもらえ、戸惑いはありましたが、どのような商品を展開して、どのように販売をしていくかなど、自分で考えて動くことが多く、改めて若いうちから裁量の大きい仕事をさせてもらっていると実感しています。

お客様からの追加オーダーがさらに自分をやる気にさせる

社員インタビュー

入社して間もない頃は、お客様のことも商品のこともよくわかっていなかったため、たくさんの失敗をしました。自分の感覚で、「この商品は売れる!」と思って多めに仕入れた商品が実際にはほとんど売れず、値下げをしながら半年かけて販売したこともありました。今でも、売れ残って販売するのに苦労することもありますが、自分が仕入れた商品にお客様からたくさんの追加オーダーをいただけると、「もっと喜んでいただける商品を提案したい!」という思いが強くなります。商売は奥が深く難しいですが、もっと勉強して、売れる商品をたくさん提案できる、そしてお客様から頼りにされる存在になりたいと思っています。

次の目標は、新たな定番商品を生み出すこと

4年目からは、モノづくりにも関わらせてもらっています。商品のアイディア出しはもちろん、素材やデザインの選定から品質の確認、価格交渉や納期の調整など、やることは多岐にわたります。勉強しなければならないことも多く、たいへんな面もありますが、新たな商品を生み出すためには必要なことですので、苦にはなりません。自部門の企画商品の中で定番となっているものには、数年前に上司が手掛けたものがたくさんあります。今度は私が企画し、将来定番品にまで成長するような商品を生み出したいと考えています。