紳士服担当

大藤 健登
2013年入社

紳士服

大藤 健登
2013年新卒入社

お客様との対話の中で成長を日々実感

社員インタビュー

衣服に関わる仕事であることが就職活動における必須条件でした。数ある企業の中から八木兵に惹かれたのは、その仕事内容に強い興味を抱いたからです。自らが厳選して仕入れた商品や企画から作り上げた商品が、小売店を経由して消費者のもとへ届く。アパレル業界の中でもとりわけ大きなスケールであると感じ、入社を決意しました。
入社後は紳士服の担当として、商品の仕入れ・企画・販売を行っています。各社員の裁量権の大きさは当社ならではの特徴で、私も入社半年後には一人でお客様のもとへ伺うようになりました。1人でお客様のもとへお伺いするからこそ、率先してコミュニケーションを取る姿勢が身に付いたと思います。

謙虚な姿勢で学ぶ気持ちを忘れない

社員インタビュー

仕事をするうえで心掛けていることが2つあります。1つはお客様が求めている商品をスピーディーに届けるということ。お客様が必要としている商品は、そのタイミングだからこそ求められているケースが往々にしてあります。そのため、仕入先様とのコミュニケーションを日頃から密にし、お客様の期待に応えられるよう準備をしています。
もう1つは、勉強をする気持ちを忘れないということ。ただ、勉強と言ってもアパレル業界のトレンドを逐一追いかけるという意味ではありません。トレンドに沿った商品を仕入れれば必ず売れるというほど、この仕事は甘くはありません。それよりも、一番の学びはお客様との会話の中にあると思っています。直接消費者の方と接している現場の方の意見ほど貴重な情報はないからです。そのため、謙虚な姿勢で学ぶ気持ちを忘れずに日々接するよう心掛けています。

大好きな服が人との繋がりを生む喜び

仕事の性質上、最終的に商品を使用していただく消費者の方と接することはほとんどありません。そのため、小売店の方から「この前仕入れた商品がすごい人気だよ!」とお聞きすると、手に取った消費者のことが頭に思い浮かび、とても嬉しい気持ちになります。また、商品を紹介していただいたメーカーの方へお伝えすると、同じように喜んでもらえます。
このように、人と人との繋がりを実感できるのがこの仕事の一番の魅力です。もともとは服に関わることを目的にこの仕事を志望しましたが、今では大好きな服を通して色々な方と仕事をできていることがなによりも嬉しいです。